麻生リハビリテーション大学校≪言語聴覚士学校の選び方≫

言語聴覚士国家試験の合格率も近年は約60%と比較的に高いのですが、確実に合格するために大事になってくるのが言語聴覚士学校の選び方です。そこで全国各地にある主な言語聴覚士学校の特長を紹介していきます。今回ご紹介するのは福岡県福岡市にある麻生リハビリテーション大学校で、博多駅から地下鉄でわずか2分のところにある東比恵駅の前というとても便利な場所にあります。100以上の病院や医療施設がある麻生医療グループが実習だけでなく、言語聴覚士の国家試験に合格した後の就職も支援しています。

麻生リハビリテーション大学校の言語聴覚士科は3年制で募集人数が40人で、福岡市内では高卒が受験できる専門学校です。福岡県内の医療施設を中心に九州各地と山口県内に、約800ヶ所の病院や医療施設を学生の実習先として確保しています。そのため学生は学校だけでなく指定された病院やリハビリテーション施設で、実際の患者さんを相手に臨床経験を経験することができます。なかにはそのまま卒業と同時にその実習先に、就職が決まることも珍しくありません。

最新の設備と実習機材が設置された教室や、実習室で学生は学んでいきます。例えば音声聴覚検査室では発声・発語・聴覚などを観察しながら、分析や検査を行うことができる最先端のシステムが利用できます。卒業後も就職の専門スタッフが、親身になって就職先探しをサポートします。また独自の求人検索システムや効果的な履歴書の書き方や、面接時の注意点などが書かれたオリジナルの就職手引きなども用意されています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ