目白大学≪言語聴覚士学校の選び方≫

言語聴覚士国家試験の合格率も近年は約60%と比較的に高いのですが、確実に合格するために大事になってくるのが言語聴覚士学校の選び方です。そこで全国各地にある主な言語聴覚士学校の特長を紹介していきます。今回ご紹介するのは埼玉県にある目白大学で都内の新宿にもキャンパスがあり、言語聴覚学科がある保健医療学部には他に理学療法学科と作業療法学科があります。またこの他にも看護学部や人間学部には、心理カウンセリング学科・人間福祉学科・子ども学科・児童教育学科などもあります。

埼玉県にある岩槻キャンパスは広大な敷地のなかに小児聴力検査室や成人および老年看護学実習室や、母性と小児看護学実習室に作業療法治療室などの医療系に実習施設が完備された実習棟が存在しています。さらに広いキャンパスにはオープンカフェや野外ステージた、学生専用の駐車場まであり自宅から車で通学することもできます。目白大学の言語聴覚学科は4年制で募集人数が40人で、基礎医学や臨床医学などの専門基礎分野の授業の他にも聴覚障害学や言語発達障害学などの障害の違いに応じた専門分野の講義が行われます。

目白大学の1番の特色は大学のキャンパス内にある目白大学耳科学研究所クリニックで3年目に行う総合評価演習で、総合評価演習を終えたら4年目からは病院や福祉施設などでの臨床実習が行われます。このように目白大学の言語聴覚学科では優秀な言語聴覚士の育成のために臨床実習を行っていますが、さらに最新の言語聴覚療法など言語聴覚障害学に関する講義を実施することで患者さんの視線に立った言語聴覚士を目指します。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ