帝京平成大学≪言語聴覚士学校の選び方≫

言語聴覚士国家試験の合格率も近年は約60%と比較的に高いのですが、確実に合格するために大事になってくるのが言語聴覚士学校の選び方です。そこで全国各地にある主な言語聴覚士学校の特長を紹介していきます。今回ご紹介するのは東京の池袋にある帝京平成大学で都内には他に中野キャンパスがあり、また千葉県には市原市に千葉キャンパスとちはら台キャンパスがあり千葉市には幕張キャンパスがあります。帝京平成大学には薬学部・現代ライフ学部・ヒューマンケア学部・健康メディカル学部・地域医療学部があり、言語聴覚学科があるのは健康メディカル学部です。

健康メディカル学部の言語聴覚学科は4年制で募集人数が60人で、他の大学と同様に基礎医学や臨床医学などの専門基礎分野の広義と病院や福祉施設などでの臨床実習が行われます。帝京平成大学では医療施設などでの実習や見学を積極的に行っていて、言語聴覚に障害を持った方々のコミュニケーション能力の改善を行うための知識や技術を学ぶます。またただ単に知識や技術を学ぶだけでなく、同時に社会性・洞察力・共感性を備えた言語聴覚士を目指します。

具体的には言語聴覚障害者とその家族との接し方や、評価や診断の手続き方法や言語治療や指導の足り方や臨床記録や診断書の書き方などを学習します。卒業すると言語聴覚士の国家試験受験資格が得られ国家試験に合格した後は、民間の一般病院や福祉施設だけでなく総合病院や大学病院やリハビリテーションセンター等の医療機関の求人が多数あります。また特別支援学校などで働く卒業生も多く、さまざまな分野で活躍しています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ